祈りの手紙 2019年11月

仙台バプテスト神学校を祈りご支援してくださる皆様へ

 皆様の主にある篤いお祈りとご支援によって、私ども仙台バプテスト神学校の働きが続けられていることを、心から感謝いたしております。

 この10月は神学校を会場に、14、15日二日にわたってC-BTEセミナーを開催しました。福音書がどのようにして成り立っていったのかを共に考えたことでございます。

 また、リソースセンターである神学校として、どのように取り組んでいくのがふさわしいのか、一同、共通理解をさらに深め、新年度はっきりとその方向で進めるために準備をしております。

 「次世代の働き人養成を進める」神学校としての働きを再確認して、C-BTEの理念を中心としながら、働き人養成についての諸教会のいろいろな求めに応じていく神学校として働きを進めていこうとしております。

 この方向に進むことにおいても、皆様のさらなるお祈りの支えが必要です。よろしくお願い申し上げます。

 また、C-BTEジャパン・ネットワーク(代表・森谷正志先生)の働きが進められております。ぜひこの働きを覚えてお祈り頂きますよう、お願い申し上げます。

 さらに課題がございます。本校校舎は建設されて30年が経とうとしております。前回補修からも十数年たって、現在補修の必要を抱えております。特に屋根のペンキ塗りは緊急に進める必要がございます。ぜひお祈りくださいますようお願い申し上げます。

 皆様の主に忠実なお祈りとご支援を心から感謝するものでございます。

 皆様の主にあるお働きの祝福をお祈りいたしております。

2019年11月7日

仙台バプテスト神学校
理事長 兼 校長代行 中野 正義


献金いただく際の送金方法は、 ご支援の方法  をご覧ください。

上記以外の必要については、 ご支援のお願い をご覧ください。