祈りの手紙 2020年3月

仙台バプテスト神学校を祈りご支援してくださる皆様へ

 皆様の主にある篤いお祈りとご支援によって、私ども仙台バプテスト神学校の働きが続けられていることを、心から感謝いたしております。

 いよいよ3月を迎え、皆様、4月からの新しい歩みの備えを進めておられることと存じます。新型コロナウイルスの広がりで、礼拝は中止にすべきとか、このような時だから集うべきとか、一緒に食事をするのはやめようとか、色々な意見と行動が出ております。これからしばらくの予定が立たないという面も出てきました。このような時、どのようにするのが主に仕えることなのか、祈り考えさせられるところです。皆様それぞれの確信を持たれ前進しておられることと存じます。

 この2月も、皆様からの多くの捧げものによって励ましを頂いたこと、心から感謝いたしております。

 新年度を迎えようとしている今、本校は主の働き人を養成する働きを果たしていくべく歩んでおります。本校が進めているアンテオケスクールでの学びも、それぞれの教会で進んでいるところです。さらに学びを深めようとする方、新しく学びを始めようとする方が起こされており、次の教会リーダーが起こされていく場面に居合わせる幸いを感じております。アンテオケスクールは原則として、それぞれの教会で牧師が学びを指導していくものですので、これを進めるにあたっては、それぞれの教会、学習者の状況を確認しながら学びを進めることが必要です。そのためのコーディネーターの存在の大きさを意識させられております。この点もお祈りいただければ幸いでございます。

 今月3月23,24日には、C-BTEジャパン・ネットワーク(代表 森谷正志先生)の主催・本校共催で、C-BTEカフェが開かれます。覚えてお祈りくださり、またご参加くださいますようお願い申し上げます。

 この歩みを進めていくにおいても、皆様のさらなるお祈りの支えが必要です。よろしくお願い申し上げます。

 また、本校校舎の屋根のペンキ塗りが、緊急課題となっております。このことも覚えていただければ感謝でございます。 皆様の主にあるお働きの祝福を心からお祈りいたしております。

2020年3月9日

仙台バプテスト神学校
理事長 兼 校長代行 中野 正義


献金いただく際の送金方法は、 ご支援の方法  をご覧ください。

上記以外の必要については、 ご支援のお願い をご覧ください。