祈りの手紙 2021年10月

仙台バプテスト神学校を祈りご支援してくださる皆様へ

 皆様の心からの篤きお祈りと捧げものによって、本校の歩みが続けられておりますこと、心から感謝いたしております。

 この2021年度も後半に入りました。ここまでの歩みは、コロナ禍に翻弄された部分はありましたが、C-BTEの働き、開講講座と働きを進めてくることができました。

「わたしの口から出るわたしのことばも、わたしのところに、空しく帰って来ることはない。それは、わたしが望むことを成し遂げ、わたしが言い送ったことを成功させる。」イザヤ55:11

 今、目の前の厳しさに目が向いて、神のことばに心を向け続けることがおろそかになりやすい状況です。この厳しい時こそ、神様のみ言葉に聴く歩みの訓練の重大さが身に染みるところです。すべてのことが、神様の御手の内にあることに信頼を深めていく訓練を受けながら、日々の歩み、主とのつながりを確認するみ言葉の学びをしてまいりたいと強く思わされるところです。

 アンテオケスクールの働きがさらに深められていくように、また、多くの教会で行われている基本原則の学びをしておられる方々、開講講座で学びをしておられる方々の学びが深められていくように、お祈りいただきますようお願い申し上げます。

 現在、本校は皆様にさらにお用いいただける神学校として働きを進めていくために、プロジェクトチームを立ち上げ、新たな視点も加えて今までの模索をまとめる作業をしております。この働きのためにも、ぜひお祈りくださいますようお願い申し上げます。

 この働きを充実させていくために、皆様の篤きお祈りとご支援に支えられていることを感謝するものでございます。

 この困難な時も、皆様の主にあるお働きがますます祝福されますよう、心からお祈りいたしております。

2021年10月7日

仙台バプテスト神学校
理事長 兼 校長代行 中野 正義


献金いただく際の送金方法は、 ご支援の方法  をご覧ください。

上記以外の必要については、 ご支援のお願い をご覧ください。