祈りの手紙 2022年1月

仙台バプテスト神学校を祈りご支援してくださる皆様へ

 皆様。イエス様のご降誕を感謝するクリスマスを覚えて、多くのお捧げものを頂いたこと、心から感謝いたしております。そして、このお捧げものの背後には、皆様の篤い祈りがあることを覚えさせられております。ありがとうございます。

「あなたへのしるしは、こうである。『今年は、落ち穂から生えたものを食べ、二年目は、それから生えたものを食べ、三年目は、種を蒔いて刈り入れ、ぶどう畑を作ってその実を食べる。ユダの家の中の逃れの者、残された者は、下に根を張り、上に実を結ぶ。エルサレムから残りの者が、シオンの山から、逃れの者が出て来るからである。 万軍の主の熱心がこれを成し遂げる。』」イザヤ37:30-32

 周りの状況はとても厳しいものであっても、主なる神様の熱心によって、確かな実が結ばれるとのお約束が語られています。

 コロナ禍が長引く中で、集会が開けず、宣教の働きも力が出しにくい厳しい時ですが、この様な時こそ、主の熱心によって、しっかりとした根を張り、確かな実を結ぶ希望に立てます。

 この主のわざに携わる歩みを、本校もさらに力強く、さらに的確に進めてまいろうとしております。現在、プロジェクトチームによって方向を定め、具体的なところを整えていこうとしております。段階を踏んで進む必要を覚えさせられておりますが、確かなものへと進んでまいります。これも、主の熱心によって進んでいくことを確信いたしております。

 このことを覚えていただき、祈りとご支援をしてくださっておられる皆様に、心から感謝いたしております。 皆様のお働きが、主の熱心の下で進められておられることを覚え、皆様に感謝するとともに、主なる神様に感謝するものでございます。

2022年1月13日

仙台バプテスト神学校
理事長 兼 校長代行 中野 正義


献金いただく際の送金方法は、 ご支援の方法  をご覧ください。

上記以外の必要については、 ご支援のお願い をご覧ください。