祈りの手紙 2020年4月

仙台バプテスト神学校を祈りご支援してくださる皆様へ

 いよいよ4月。新しい出発を!という時に、新型コロナウイルスの感染拡大で、日本中、世界中の働きがなかなか思うようには進まないというところに追い込まれている感があります。亡くなられた方々のご遺族、今病気と闘っておられる方々に、主からの豊かなお支えがあることを祈るものでございます。

 日本の教会の働きも、オンライン礼拝とするところ、一切の働きをお休みするところも現れております。この先どの様になるのでしょうか。

 この時、私たちの信仰が練られる時であることも思います。ただ神様に信頼する、先が見えなくても神様のご計画を信じて待つ。この時こそ、静まって、主との交わりを深めてまいりたいと願うものです。

 皆様もこの時、主との幸いな交わりの中で進んでおられることと存じます。

 2019年度一年を通して、皆様の主にある篤いお祈りとご支援によって、本校の働きが続けられて来たことを、心から感謝いたしております。

 本校は一年をかけて、新年度からの新しい方向性を詰めてまいりました。それにのっとって、諸講座を開講していく予定で進めてまいりました。しかし残念ながら感染拡大のために、この4月から開講予定でした講座(8講座)を9月開講とせざるを得ませんでした。

 ここまで皆様のお祈りとお捧げもので支えられ、働きを進めてまいりましたが、これからの働きに向けた必要を満たすために、さらにお願いを申し上げなければならない状況になっております。本校に関心を持っていただく輪を、祈っていただく輪を、そして捧げていただく輪を広げていけるよう、皆様の篤いお祈りを重ねてお願いするものでございます。

 また、本校校舎の屋根のペンキ塗りが、緊急課題となっております。このことも覚えていただければ感謝でございます。

この困難な時も、皆様の主にあるお働きがますます祝福されますよう、心からお祈りいたしております。

2020年4月10日

仙台バプテスト神学校
理事長 兼 校長代行 中野 正義


献金いただく際の送金方法は、 ご支援の方法  をご覧ください。

上記以外の必要については、 ご支援のお願い をご覧ください。