祈りの手紙 2020年12月

仙台バプテスト神学校を祈りご支援してくださる皆様へ

 私たちの主イエス様のご降誕をお祝いするクリスマスが近づいて参りました。新型コロナの蔓延で、自分の命を守ることもままならないこの時だからこそ、私たちのためにイエス様が来られたことの素晴らしさを強く覚えます。この厳しい時だからこそ、私たちに与えられている神様の召しに応え、それを果たしていく歩みを確認させられております。いつものように集まって礼拝し、祈り会をし、学び会をすることが難しい中ですが、この時こそ、下にしっかりと根を張るときです。必ずやがて上に実を結ぶとことになります。この神様の約束に立って一歩一歩の前進を重ねてまいりたいと存じます。

 東方の博士たちが遠くからイエス様のところに来てお献げしたもの、黄金、乳香、没薬は、今までの仕事に用いていたものではないかと言われます。自分を今まで支えていたものをイエス様のお捧げして、博士たちは新しい歩みへと進みました。この様に、自分の生涯をイエス様にお捧げすることを再確認して、新しい歩みへとさらに歩を進めていきたいと思わされております。

 今私たちは、皆様にさらにお用いただけるようにと、新年度に向けての備えをしております。皆様のご支援によって、開講講座とともに、C-BTEの学びが進められております。これらの学びがさらに深められ広げられて、牧師養成、それを支える信徒教育が進められるよう、皆様の篤きお祈りとご支援をお願いするものでございます。

 この困難な時も、皆様の主にあるお働きがますます祝福されますよう、心からお祈りいたしております。

2020年12月4日

仙台バプテスト神学校
理事長 兼 校長代行 中野 正義


献金いただく際の送金方法は、 ご支援の方法  をご覧ください。

上記以外の必要については、 ご支援のお願い をご覧ください。