祈りの手紙 2021年2月

仙台バプテスト神学校を祈りご支援してくださる皆様へ

 皆様。新しい年が始まったこの時、多くのものを本校の働きのためにお捧げ下さったことを、心から感謝いたしております。

 このコロナ禍のもと、オンラインによる礼拝配信、学び会などが行われて、今までとは違う働きの広がりを覚えてきました。しかし、このような働きが進めば進むほど、一緒に集まることの素晴らしさを思い、それへの飢え渇きを覚えてきた側面もあります。

「また、愛と善行を促すために、互いに注意を払おうではありませんか。ある人たちの習慣に倣って自分たちの集まりをやめたりせず、むしろ励まし合いましょう。」へブル10:24,25

 この言葉が、ただ集まることへの励ましの言葉ではなく、実際に会うことであっても、オンラインや、手紙、電話のつながりであっても、人とのつながりを保ち、お互いに愛と善幸をし合うことの素晴らしさを確認していることを、このような状況だからこそ強く覚えます。

 今、本校では新年度に向けて準備を進めております。開講科目をさらに充実させ、牧師養成の現場としての本校の働きを進めてまいります。そしてこれによって、諸教会で行われている、C-BTE、アンテオケスクールの働きをさらに前進、支援してまいります。本校まで来られない方々のために、オンラインを用いた授業もさらに拡充させる必要を覚えております。

 この働きをさらに充実させていくために、皆様の篤きお祈りとご支援をお願いするものでございます。

 この困難な時も、皆様の主にあるお働きがますます祝福されますよう、心からお祈りいたしております。

2021年2月8日

仙台バプテスト神学校
理事長 兼 校長代行 中野 正義


献金いただく際の送金方法は、 ご支援の方法  をご覧ください。

上記以外の必要については、 ご支援のお願い をご覧ください。