祈りの手紙 2021年5月

仙台バプテスト神学校を祈りご支援してくださる皆様へ

 いよいよ新年度が始まりました。このスタートの時、本校の働きのために多くのものをお捧げいただき心から感謝いたしております。

 このコロナ禍に不安を掻き立てられるこの時ですが、ワクチンが作られ、接種が進み、コロナが静まるのを待つ段階でもあります。しかし、ワクチンは本当に効くのだろうかとか大丈夫なものなのだろうかと思ったりして不安が小さくはなり難い状況です。

 この不安は命を失うことへの不安です。自分の命を考える時、イエス様を信じる者に永遠の命が与えられていることへの感謝を強く覚えます。

 永遠の命は、永遠なるお方とのつながりの中で歩んでいく命です。今この苦しいトンネルを過ぎると、力強い命に生きていけるということではありません。この苦しい時に、必死に祈ります。必死にみ言葉に聞きます。この様な時だからこそ、永遠なるお方とのつながりを強めていき、力強く歩める喜びを深めていきます。

 この永遠の命を思う時、信仰が与えられていることの素晴らしさを思います。この命をもっともっと多くの方に受け取っていただきたいと、私たちの使命を確認させられるところです。そのために、新しい教会リーダーたちが養成されている必要を、さらに覚えるところでございます。

 4月現在、アンテオケスクール受講者6名、開講科目(9科目)受講者延べ51名が学んでおられます。

 本校はこのリーダー育成の働きを続けてまいります。受講生の学びが深められていくようにお祈りください。この働きを充実させていくために、皆様の篤きお祈りとご支援に支えられていることを感謝するものでございます。

 この困難な時も、皆様の主にあるお働きがますます祝福されますよう、心からお祈りいたしております。

2021年5月10日

仙台バプテスト神学校
理事長 兼 校長代行 中野 正義


献金いただく際の送金方法は、 ご支援の方法  をご覧ください。

上記以外の必要については、 ご支援のお願い をご覧ください。