祈りの手紙 2021年9月

仙台バプテスト神学校を祈りご支援してくださる皆様へ

 皆様の心からの篤きお祈りと捧げものによって、本校の歩みが続けられておりますこと、心から感謝いたしております。

 コロナ禍も治まって来たかと思えばまた激しくなって、これはいつまで続くのだろうかと思わされます。身近にり患された方がおられて、今、癒しを祈っているという方もおられると存じます。教会の働きも大きな制限を課せられている状態が続いております。

 このトンネルはいつまで続くのだろうかという思いがある一方、この中だからこそ与えられた知恵が有ります。今まで、オンライン礼拝配信は特別な教会だけと思っておりましたが、多くの教会でもされるようになりました。そのために、事情で礼拝に出席できない方々が、画面を通してですが一緒に礼拝できるようになりました。新しい方へのアプローチも始められております。神学校の授業も、オンラインで可能になり、神学校から離れた地域にお住いの方々とも学びができるようになりました。ただ、対面でないと伝わりにくいものが有る現実も見えてきました。人と人のつながりは何でできているかを考える大切な時となっております。

 苦しい時こそ主に祈ります。必死で祈ります。それだけに、主が近くなっていることを、また喜ぶ幸いを頂いております。

 本校の開講科目は、通年科目も続いておりますが、9月開講の科目も始まりました。学びをしていこうとする方々がさらに起こされるように、現在学びをしておられる方々の学びが深められていくように、また、アンテオケスクールの働きがさらに深められていくようにお祈りお願い申し上げます。

 この働きを充実させていくために、皆様の篤きお祈りとご支援に支えられていることを感謝するものでございます。

 この困難な時も、皆様の主にあるお働きがますます祝福されますよう、心からお祈りいたしております。

2021年9月3日

仙台バプテスト神学校
理事長 兼 校長代行 中野 正義


献金いただく際の送金方法は、 ご支援の方法  をご覧ください。

上記以外の必要については、 ご支援のお願い をご覧ください。