祈りの手紙 2021年10月

仙台バプテスト神学校を祈りご支援してくださる皆様へ

 皆様の心からの篤きお祈りと捧げものによって、本校の歩みが続けられておりますこと、心から感謝いたしております。

 この2021年度も後半に入りました。ここまでの歩みは、コロナ禍に翻弄された部分はありましたが、C-BTEの働き、開講講座と働きを進めてくることができました。

「わたしの口から出るわたしのことばも、わたしのところに、空しく帰って来ることはない。それは、わたしが望むことを成し遂げ、わたしが言い送ったことを成功させる。」イザヤ55:11

 今、目の前の厳しさに目が向いて、神のことばに心を向け続けることがおろそかになりやすい状況です。この厳しい時こそ、神様のみ言葉に聴く歩みの訓練の重大さが身に染みるところです。すべてのことが、神様の御手の内にあることに信頼を深めていく訓練を受けながら、日々の歩み、主とのつながりを確認するみ言葉の学びをしてまいりたいと強く思わされるところです。

 アンテオケスクールの働きがさらに深められていくように、また、多くの教会で行われている基本原則の学びをしておられる方々、開講講座で学びをしておられる方々の学びが深められていくように、お祈りいただきますようお願い申し上げます。

 現在、本校は皆様にさらにお用いいただける神学校として働きを進めていくために、プロジェクトチームを立ち上げ、新たな視点も加えて今までの模索をまとめる作業をしております。この働きのためにも、ぜひお祈りくださいますようお願い申し上げます。

 この働きを充実させていくために、皆様の篤きお祈りとご支援に支えられていることを感謝するものでございます。

 この困難な時も、皆様の主にあるお働きがますます祝福されますよう、心からお祈りいたしております。

2021年10月7日

仙台バプテスト神学校
理事長 兼 校長代行 中野 正義


献金いただく際の送金方法は、 ご支援の方法  をご覧ください。

上記以外の必要については、 ご支援のお願い をご覧ください。

祈りの手紙 2021年9月

仙台バプテスト神学校を祈りご支援してくださる皆様へ

 皆様の心からの篤きお祈りと捧げものによって、本校の歩みが続けられておりますこと、心から感謝いたしております。

 コロナ禍も治まって来たかと思えばまた激しくなって、これはいつまで続くのだろうかと思わされます。身近にり患された方がおられて、今、癒しを祈っているという方もおられると存じます。教会の働きも大きな制限を課せられている状態が続いております。

 このトンネルはいつまで続くのだろうかという思いがある一方、この中だからこそ与えられた知恵が有ります。今まで、オンライン礼拝配信は特別な教会だけと思っておりましたが、多くの教会でもされるようになりました。そのために、事情で礼拝に出席できない方々が、画面を通してですが一緒に礼拝できるようになりました。新しい方へのアプローチも始められております。神学校の授業も、オンラインで可能になり、神学校から離れた地域にお住いの方々とも学びができるようになりました。ただ、対面でないと伝わりにくいものが有る現実も見えてきました。人と人のつながりは何でできているかを考える大切な時となっております。

 苦しい時こそ主に祈ります。必死で祈ります。それだけに、主が近くなっていることを、また喜ぶ幸いを頂いております。

 本校の開講科目は、通年科目も続いておりますが、9月開講の科目も始まりました。学びをしていこうとする方々がさらに起こされるように、現在学びをしておられる方々の学びが深められていくように、また、アンテオケスクールの働きがさらに深められていくようにお祈りお願い申し上げます。

 この働きを充実させていくために、皆様の篤きお祈りとご支援に支えられていることを感謝するものでございます。

 この困難な時も、皆様の主にあるお働きがますます祝福されますよう、心からお祈りいたしております。

2021年9月3日

仙台バプテスト神学校
理事長 兼 校長代行 中野 正義


献金いただく際の送金方法は、 ご支援の方法  をご覧ください。

上記以外の必要については、 ご支援のお願い をご覧ください。

祈りの手紙 2021年8月

仙台バプテスト神学校を祈りご支援してくださる皆様へ

 コロナ禍の中で2021年度が始まり4ヶ月が過ぎました。厳しさを覚える中にも、確かに主の守りと導きがあることを覚えさせていただいております。皆様も、苦しい中にこそ主との親密な交わりがあることを覚える日々を送っておられることと存じます。この中で先月も、本校の働きを覚え、篤きお祈りとご支援をいただいたことを心から感謝いたします。

 多くの「弟子」がイエス様について行っていた時、イエス様がご自身の十字架を言われた途端、ほとんどの者が離れて行った記事があります(ヨハネ6:66)。12弟子だけが残りました。離れて行った「弟子」とは一体どんな「弟子」なのでしょうか。ただ不思議なことを見て、いい話を伺いたいとついてきた人たちです。少し難しいことに出くわすと、それを拒否してしまう人たちです。12弟子とは違って、イエス様との人格的な交わりに喜びを見出さない人たちでした。私たちの信仰姿勢が問われる思いがいたします。

 神学の学びを通しても、イエス様との交わりを深めていく姿勢を示す教会リーダーを育てていく働きを、着実に進めていくことの重要性を深く覚えさせられます。このために、私たち自身がそのような者であるように歩んでまいりたいと願うところです。

 今、9月以降開講の科目の受講生を募集しております。オンラインの講座もございます。ぜひお問い合わせください。

 この働きを充実させていくために、皆様の篤きお祈りとご支援に支えられていることを感謝するものでございます。

 この困難な時も、皆様の主にあるお働きがますます祝福されますよう、心からお祈りいたしております。

2021年8月5日

仙台バプテスト神学校
理事長 兼 校長代行 中野 正義


献金いただく際の送金方法は、 ご支援の方法  をご覧ください。

上記以外の必要については、 ご支援のお願い をご覧ください。

祈りの手紙 2021年6月

仙台バプテスト神学校を祈りご支援してくださる皆様へ

 コロナ禍の中に置かれ一年半が経ちました。この中でも、本校の働きを覚えていただき、篤きお祈りとご支援をいただいていることを心から感謝いたします。

 ここしばらく、いつものようには礼拝に集うことが出来ず、不安が大きくなる経験をしてまいりました。それだけに今、自分の信仰姿勢をしっかりと建て上げる必要を強く覚えさせられております。

 「わたしはいのちのパンです」とイエス様はおっしゃいました。このパンがないと、私たちは生きられない現実があります。とにかく食べないといけません。そして味わいます。さらにそれをしっかりと咀嚼して飲み込みます。これによってパンの栄養を自分に取り込むことができます。私たちのからだは、自分が食べたものでできています。イエス様というパンを頂くことで、私たちの人生はできていきます。

 このパンをただ飲み込むだけでは体を壊すことも有るでしょう。しっかりと咀嚼する中で、おいしさを味わいます。イエス様のお言葉をしっかりと受け取ることが、おいしさを受け取る鍵です。

 神学教育は、何か難しい学問を頭に入れて、難しい話をしていくためのものではありません。イエス様のお言葉を、イエス様が言われたとおりに受け取るためのものです。イエス様に生かされている喜びを、しっかりと味わい、それを証し続ける力を得るためのものです。この喜びを経験していく歩みをする中で、信徒リーダーそして教会全体のリーダーが育っていきます。

 本校のリーダー育成の働きが充実して続けられるように、また、現在学びをしておられる方々の学びが深められていくように、学びをしていこうとする方々が起こされるように、お祈りください。

 この働きを充実させていくために、皆様の篤きお祈りとご支援に支えられていることを感謝するものでございます。

 この困難な時も、皆様の主にあるお働きがますます祝福されますよう、心からお祈りいたしております。

2021年6月10日

仙台バプテスト神学校
理事長 兼 校長代行 中野 正義


献金いただく際の送金方法は、 ご支援の方法  をご覧ください。

上記以外の必要については、 ご支援のお願い をご覧ください。

祈りの手紙 2021年5月

仙台バプテスト神学校を祈りご支援してくださる皆様へ

 いよいよ新年度が始まりました。このスタートの時、本校の働きのために多くのものをお捧げいただき心から感謝いたしております。

 このコロナ禍に不安を掻き立てられるこの時ですが、ワクチンが作られ、接種が進み、コロナが静まるのを待つ段階でもあります。しかし、ワクチンは本当に効くのだろうかとか大丈夫なものなのだろうかと思ったりして不安が小さくはなり難い状況です。

 この不安は命を失うことへの不安です。自分の命を考える時、イエス様を信じる者に永遠の命が与えられていることへの感謝を強く覚えます。

 永遠の命は、永遠なるお方とのつながりの中で歩んでいく命です。今この苦しいトンネルを過ぎると、力強い命に生きていけるということではありません。この苦しい時に、必死に祈ります。必死にみ言葉に聞きます。この様な時だからこそ、永遠なるお方とのつながりを強めていき、力強く歩める喜びを深めていきます。

 この永遠の命を思う時、信仰が与えられていることの素晴らしさを思います。この命をもっともっと多くの方に受け取っていただきたいと、私たちの使命を確認させられるところです。そのために、新しい教会リーダーたちが養成されている必要を、さらに覚えるところでございます。

 4月現在、アンテオケスクール受講者6名、開講科目(9科目)受講者延べ51名が学んでおられます。

 本校はこのリーダー育成の働きを続けてまいります。受講生の学びが深められていくようにお祈りください。この働きを充実させていくために、皆様の篤きお祈りとご支援に支えられていることを感謝するものでございます。

 この困難な時も、皆様の主にあるお働きがますます祝福されますよう、心からお祈りいたしております。

2021年5月10日

仙台バプテスト神学校
理事長 兼 校長代行 中野 正義


献金いただく際の送金方法は、 ご支援の方法  をご覧ください。

上記以外の必要については、 ご支援のお願い をご覧ください。

祈りの手紙 2021年4月

仙台バプテスト神学校を祈りご支援してくださる皆様へ

 皆様。新年度が始まるこの時、本校の働きのために多くのものをお捧げいただいていますことを心から感謝いたしております。

 このコロナ禍がいつまで続くのだろうかと思わされる現在、この中でも、神様のお働きは続いていて、実が結ばれていることをしっかりと見たいと願うものです。教会の働きも、なかなか集えない困難が有りますが、それだけに、それぞれの家族の中に置かれている意味の大きさを思います。家庭の中で一緒にいることの大きさです。

 家庭という時思い浮かぶ歌が有ります。今から30年前の歌の「パパの歌」(忌野清志郎)です。この歌は、「家の中ではごろごろしているだけ。だけど、昼働いているパパはいい汗かいて光っている。」と歌います。多くのパパが、今はリモートワークで家にいることが多いからでしょうか、2021年3月発表の「大人になったらなりたいものベストテン(小学生男子)」に、会社員がトップに躍り出ました。父親の働いている姿に触れることの大きさを思わされます。

 家で長い時間一緒に過ごす中で、一人一人の姿の根底にあるものが見えてきます。そしてこれは、信仰者家庭の建設、確立に有益な時となります。自分のだらしなさが見えるので、かえって難しいという面もないわけではありませんが、その分、成長していく自分を見ていただくことにもなっています。

 この家庭建設の土台をみ言葉を通して受け取ることは、とても大事なことです。C-BTE基本原則の学びには、ここに焦点を当てたテキストが有ります。家庭内にいる時間の長い時、家庭建設の土台を築いていくことは有益な時となります。家庭建設に召されたことをはっきりと意識して、家庭こそ地域への宣教の核であることを実践していく教会リーダーが求められています。

 本校はこのリーダー育成の働きを続けてまいります。

 いよいよ4月に入りました。C-BTEによる学びを進める方の神学的基礎を構築していただく科目、信徒の方々の主への信頼を深める歩みの土台を構築する科目の講座が始まります。受講生の学びが深められていくようにお祈りください。この働きをさらに充実させていくために、皆様の篤きお祈りとご支援をお願いいたします。

 この困難な時も、皆様の主にあるお働きがますます祝福されますよう、心からお祈りいたしております。

2021年4月6日

仙台バプテスト神学校
理事長 兼 校長代行 中野 正義


献金いただく際の送金方法は、 ご支援の方法  をご覧ください。

上記以外の必要については、 ご支援のお願い をご覧ください。

祈りの手紙 2021年3月

仙台バプテスト神学校を祈りご支援してくださる皆様へ

 皆様。新しい年が始まったこの時、多くのものを本校の働きそして設備修繕のためにお捧げ下さったことを、心から感謝いたしております。

 このコロナ禍のもと、なかなか集まれない教会の働きの現実の中に放り込まれてきました。そして、教会とはどのようなものなのだろうかと考えさせられております。これを考える時、いつもふっと思い浮かぶ出来事があります。私事で申し訳ないのですが、今から四十数年前のことです。私が結婚するというとき、所属教会は無牧でした。これからどうなっていくのかわからないお金の無い若者が結婚する。その時、教会の方々は、アイディアを出し合い、それを形にし、時間と労力を出してくださって、とても印象深い結婚式、披露宴が行われました。

 このことを今も感謝しております。これを通して、「教会の交わりとはこのようなものなのか」と実感させていただいたことは私にとって宝物です。教会の皆さんが、自分を与え、相手(私たち夫婦)を生かすその働きを、心を込めてしてくださいました。キリストにある交わりがここにあると感じました。

 このような交わりを続けることができるのには、イエス様によっていただいた救いがどんなにすばらしいものなのかを知り、それへの応答として生きていく訓練が必要だと、牧師の働きを続ける中で実感してまいりました。そしてそれをリードするリーダーがしっかりと育てられていくことが必要なことだと強く思わされております。この交わりをいつも意識できる環境の中でこそ、教会のリーダーは育てられていきます。

 本校は、このリーダー育成の働きを続けてまいります。

 いよいよ4月に入ります。C-BTEによる学びを進める方の神学的基礎を構築していただく科目や、信徒の方々が主への信頼を深める歩みの土台を構築する科目等10講座を用意しております。受講生が多く与えられるようお祈りくださいますようお願い申し上げます。

 この働きをさらに充実させていくために、皆様の篤きお祈りとご支援をお願いするものでございます。

 この困難な時も、皆様の主にあるお働きがますます祝福されますよう、心からお祈りいたしております。

2021年3月5日

仙台バプテスト神学校
理事長 兼 校長代行 中野 正義


献金いただく際の送金方法は、 ご支援の方法  をご覧ください。

上記以外の必要については、 ご支援のお願い をご覧ください。

祈りの手紙 2021年2月

仙台バプテスト神学校を祈りご支援してくださる皆様へ

 皆様。新しい年が始まったこの時、多くのものを本校の働きのためにお捧げ下さったことを、心から感謝いたしております。

 このコロナ禍のもと、オンラインによる礼拝配信、学び会などが行われて、今までとは違う働きの広がりを覚えてきました。しかし、このような働きが進めば進むほど、一緒に集まることの素晴らしさを思い、それへの飢え渇きを覚えてきた側面もあります。

「また、愛と善行を促すために、互いに注意を払おうではありませんか。ある人たちの習慣に倣って自分たちの集まりをやめたりせず、むしろ励まし合いましょう。」へブル10:24,25

 この言葉が、ただ集まることへの励ましの言葉ではなく、実際に会うことであっても、オンラインや、手紙、電話のつながりであっても、人とのつながりを保ち、お互いに愛と善幸をし合うことの素晴らしさを確認していることを、このような状況だからこそ強く覚えます。

 今、本校では新年度に向けて準備を進めております。開講科目をさらに充実させ、牧師養成の現場としての本校の働きを進めてまいります。そしてこれによって、諸教会で行われている、C-BTE、アンテオケスクールの働きをさらに前進、支援してまいります。本校まで来られない方々のために、オンラインを用いた授業もさらに拡充させる必要を覚えております。

 この働きをさらに充実させていくために、皆様の篤きお祈りとご支援をお願いするものでございます。

 この困難な時も、皆様の主にあるお働きがますます祝福されますよう、心からお祈りいたしております。

2021年2月8日

仙台バプテスト神学校
理事長 兼 校長代行 中野 正義


献金いただく際の送金方法は、 ご支援の方法  をご覧ください。

上記以外の必要については、 ご支援のお願い をご覧ください。

祈りの手紙 2021年1月

仙台バプテスト神学校を祈りご支援してくださる皆様へ

 皆様。イエス様ご降誕のクリスマスを覚えて、多くのものを本校にお捧げくださいましたこと、心から感謝いたしております。

 いよいよ新しい年に入りました。新しい一歩の始まりです。今、新型コロナが広がり続けている状況の中で、私たちは主の御用をどのように進めていけるのかと考えさせられています。しかしこの時にこそ、主の前に一人で出ることが出来ます。周りの状況によって、強いられてこうなっているのかもしれませんが、主の前に一人で出る大切な時が多く与えられています。これによって、今までも、今も、これからも、主の守りの中を歩ませていただいていることを思い起こします。永遠の腕によって下から支え守られてきたことを強く思う時とさせられています。

 今この苦しい時こそ、下にしっかりと根を張り、やがて上に実を結ぶことを期待できます。

 今本校では、皆様にさらにお用いいただけるようにと、新年度に向けての備えをしております。皆様の篤きお祈りとご支援をお願いするものでございます。
この困難な時も、皆様の主にあるお働きがますます祝福されますよう、心からお祈りいたしております。

2021年1月8日

仙台バプテスト神学校
理事長 兼 校長代行 中野 正義


献金いただく際の送金方法は、 ご支援の方法  をご覧ください。

上記以外の必要については、 ご支援のお願い をご覧ください。

祈りの手紙 2020年12月

仙台バプテスト神学校を祈りご支援してくださる皆様へ

 私たちの主イエス様のご降誕をお祝いするクリスマスが近づいて参りました。新型コロナの蔓延で、自分の命を守ることもままならないこの時だからこそ、私たちのためにイエス様が来られたことの素晴らしさを強く覚えます。この厳しい時だからこそ、私たちに与えられている神様の召しに応え、それを果たしていく歩みを確認させられております。いつものように集まって礼拝し、祈り会をし、学び会をすることが難しい中ですが、この時こそ、下にしっかりと根を張るときです。必ずやがて上に実を結ぶとことになります。この神様の約束に立って一歩一歩の前進を重ねてまいりたいと存じます。

 東方の博士たちが遠くからイエス様のところに来てお献げしたもの、黄金、乳香、没薬は、今までの仕事に用いていたものではないかと言われます。自分を今まで支えていたものをイエス様のお捧げして、博士たちは新しい歩みへと進みました。この様に、自分の生涯をイエス様にお捧げすることを再確認して、新しい歩みへとさらに歩を進めていきたいと思わされております。

 今私たちは、皆様にさらにお用いただけるようにと、新年度に向けての備えをしております。皆様のご支援によって、開講講座とともに、C-BTEの学びが進められております。これらの学びがさらに深められ広げられて、牧師養成、それを支える信徒教育が進められるよう、皆様の篤きお祈りとご支援をお願いするものでございます。

 この困難な時も、皆様の主にあるお働きがますます祝福されますよう、心からお祈りいたしております。

2020年12月4日

仙台バプテスト神学校
理事長 兼 校長代行 中野 正義


献金いただく際の送金方法は、 ご支援の方法  をご覧ください。

上記以外の必要については、 ご支援のお願い をご覧ください。